FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマハチワンダイバー第4話「二人目の真剣師は…超売れっ子漫画家!!文字山ジロー登場!」

       _,.-´ ̄ ̄``''''-、,
      /    止     ヽ
    /     少       \
    /   ,.--────--、、   |   
    |. / ο    ο   ヽ /
    ヽノ              ∨
     |    、__ノ      /  
    ,.-\           /-、     
    ヽ   `'、、,,___,,、、‐''ヽ、ノ  
     ヽ ノ           /    
      /           │  
   ,.-ヽ│        ,..--、丿  
  │   ̄ ___  │  │  
   \_ノ´     ``'ヽ_丿


さあ、今回は、劇団ひとり演ずる文字山ジロー先生が登場ですよ。

原作に比べると、イケメン菅田を見下しているというか、なんかイヤーな奴になってますが、逆にこの方が勝負の緊迫感が高まるので、これはかえって良かったのかも。


対局中のヤバい人っぽい演技も、なかなかいい意味でハジけており、ここまでは合格点。

来週の、迫力ある「指すなあああっ!!」「来いよォオオオォ!!」の熱い演技をどう演じてくれるのかが注目です。



さて、文字山先生との対局での一番の注目ポイントは、やっぱりこれでしょう。

「なるぞうくん達はどう表現されるのか」なのですが…。


おお、ちゃんとCGで再現されてる!!

しかも声優さんの声つき!!

こいつは無駄にクオリティが高いぜwwww


特に、なるぞうくんが無駄にかぁいいぜ…。

動きと声が付くとものすごい破壊力です(;´Д`)ハァハァ


今週はイケメン菅田が悩んだ末「あなたに読んでもらう」 → 文字山先生と金を払う → 「み な ぎ っ て き た 」という所で、おしまい。


つまりまだまだ文字山先生とのバトルは続くわけです。

引っ張るなー。もっとも、今の原作はもっともっと引っ張っているから、まだマシに見えますけど(w


まあ、安田と木下のオリジナルシーンが無けりゃ、もうちょっと先まで進んだかもしれませんけどね。

しかし、木下はまだ鬼将会?らしき組織の繋がりがあるようだからともかく、安田のポジションが完全に宙ぶらりんだ…。

ぶっちゃけ、マジで(゚?゚)イラネ なんですが。



ちなみに次回予告によると、イケメン菅田が受け師さんのオパーイにダイブしてますた(′・ω・`)

もう、実況スレとかが大変な事になってたのは言うまでもありませんね。



それにしても、3話以降から、急に出来のクオリティが上がった気がします。

やはり原作を比較的忠実になぞっているのが、いい結果に結びついているように思えてきます。

少々演出が目立ちすぎですが、個人的には許容範囲ですかね。

今週は文字山先生も、なるぞうくんとかスタンドで出したり、なんかオーラも出しまくっていたので、TVアニメの「テニスの王子様」みたいになりつつあります。

これはもう、最終回は「劇場版テニスの王子様」ばりのバカ演出をやらかしてくれるかもしれない。

つーか、むしろやって下さいドラマスタッフ(w



最後ににもう一度だけ・・・。 なるぞうくんかぁいいよなるぞうくん。

フィギュアとかが発売されたら、マジで買っちまいそうだぜ(;´Д`)ハァハァ



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

フランスの最終兵器

D


12年前のゲームでこんなに爆笑できるとは。

基本的に全種目凄いけど

(走り高跳びもに凄いハズだけれど、これだけはすごくマトモに見える^^)

特にハンマー投げ・幅跳び・自由形・棒高跳びは 何度見ても笑えてしょうがありません。

ドラマハチワンダイバー第3話「伝説の男・二こ神登場! 真剣三本勝負、ついに開始!!」

    ,ゝ : |      ─-- __ /            〃
   勹 |     ─-- ___ |  _|_.  ,┬、  十矛
    | 〈 ¬=‐-、__     __|  /|  {ノ ノ  ナ木
    |  }〉_ヘ¬ぅー、ヽ   ´,r-|
    ノイ ,/⌒  ̄ ̄_|      ̄|   |   | ┼  ┼ヽ
     |,ハ      ̄  |       |   |/  | d┐ d_ノ
     |  | ヽ.    ji  、    |        〃
     | ハ      └、 ,-′ ノ  十 ヾ
     |  ',    / _    ⌒i  | こ

原作「ハチワンダイバー」内で、KAJIMEが一番大好きなキャラ

「二こ神さん」こと神野神太郎さんが、満を持してドラマにも登場!!

こいつはwktkが止まらない!!

なお、二こ神さん役は大杉漣さんが演じておりました。


さて、二こ神さんと言えば欠かせないのが、あのシーンなワケなんですが、そこんところちゃんとドラマでも再現されてんでしょうね!?

日和って再現されて無かったら、もう泣いちゃうぞ…!! と思っていたら。

















「オレが勝ったら…そよちゃんのオッパイを揉む」


  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

やったくれたぜ大杉漣!!

もちろんイケメン菅田も奥する事なく「ボクもオッパイで」と言い出して

つまりどっちが勝っても受け師さんはオッパイを揉まれるという、原作どおりの流れに!!

というかお前ら、2人してオッパイをガン見し過ぎ。


つーか、溝端くんの事務所的には、これでいいのだろうか。 ちょっと別の意味で心配になってきたよ(w


そして極めつけは、二こ神さんの、このセリフ!!


「おっぱいとは…RO・MANだ!! 」


これは原作には出てこない、ドラマオリジナルの発言ですが、名言です。ものすごく深い名言です。

ある意味81マスに潜ること以上に深い格言です。

このセリフに関しては脚本家グッジョブ!!と言わざるを得ません。



さて、この後の流れは「基本的にほぼ原作どおり」です。

第1話・第2話と比べると、今週はかなり原作の再現度が高いと言えましょう。


雁木の解説シーンも、ちゃんと二こ神さんの伝説とともに再現されており

(ちなみに「江戸時代」の時の漫画絵は、ちゃんとヨクサル先生の絵になってて、芸が細かいwww)

二こ神さんが雨漏りを直しながら、目隠し将棋を指すシーンもバッチリ再現です。

例によって、あまり盤面を見せるシーンは少なめなんですが、

たとえ原作、及び将棋をわかってない人でも、大杉蓮さんの迫真の、テンションの高めな演技のおかげで、今どういう状況かわかりやすくなっている…のはスゴイところ。この編はさすが。


そして勝負の合間には、時々、サンドウィッチマンの2人がハチワンはどこだーと探し回るシーンが出てきますが、コレも上手い息抜きになってていい感じ。 相変わらず安田と木下の存在意義が不明ですが(w

ただし、今週は木下が携帯で誰かと電話してて、その会話の中に、知らないはずの「二こ神さん」の名前が出てきたのがちょっと気がかり。

これはもしかして、「木下が鬼将会と繋がってる」というフラグ?

・・・いやいや、それはさすがに考えすぎか。



そして勝負は、(おっぱい)ダイブモードに入ったイケメン菅田が、相変わらず手からオーラとか衝撃波出して、二こ神さんに勝利。

しかしもうホントに、演出が「テニスの王子様」みたいになってきた(′・ω・`)


そういえばダイブモードとは、つきつめれば「相手の戦略を何十手・何百手先まで読む」ことであり、これはテニスの王子様で言うところの「才気煥発の極み」に近いものがあります(「何手目で決まる・・・」とは言わないけど)

そして、イケメン菅田が勝負を決める時、右手にオーラが集まるさまは、あの「百錬自得の極み」を髣髴とさせるものがあります。


もしもイケメン菅田が将棋じゃなくて、テニスをやっていたら「才気煥発の極み」「百錬自得の極み」を使いこなす、とんでもないテニヌプレイヤーになっていたかもしれない…などと妄想してしまったり。


そして決着後。イケメン菅田は勝負に勝ったものの「お前はオッパイを揉んだら将棋が弱くなる」という良く分からん理由で、結局オッパイは揉めずじまい・・・という、

原作と同じ流れで、二こ神さんとの「オッパイ将棋バトル」は幕を閉じるのでした。

ここでのツッコミどころは3つ。


「僕は一度も女の人のオッパイを揉んだ事がありません」

原作ならともかく、イケメン菅田がこんな事言っても、やっぱり

「うそくせー。なーんかうそくせー」

ただし、イケメン菅田が終始「おっぱいをガン見で話しかけている」点は、高ポインツです(w


●イケメン菅田が「ハチワンダイバー」と名乗って、二こ神さんが「日本人じゃないのか?」と切り返すシーンと

「そんなのいりません」のシーンはやっぱり何度見ても吹く。


●「揉めません!!」と言ったイケメン菅田をブン殴るシーンから

「オレの雁木戦法を伝授してやる!!」までの

大杉蓮さんのテンションが、ヤヴァイぐらい高すぎるwwwww



そしてラストには劇団ひとり演ずる文字山ジロー先生が登場。

ドラマ版では原作とは違って、ファミレスではなく、秋葉原の将棋道場でバトる模様です。

なんか、ドラマの文字山先生は、「儲かってないよ」とか言いつつも、ちゃっかりディアブロを乗り回してたり (しかも「2人乗りだから」という理由で、菅田だけ車に乗せないとか、マジ外道)

元奨励会のイケメン菅田を「中途半端は嫌い」などと切り捨てたりと、地味にヤな奴になってます(w

でも次回予告だと、ちゃんと「なるぞうくん」も出てくるみたいだし

「なるなるなるなる・・・」の連呼シーンもあり、来週もなかなか期待できそう。



そして最後は・・・


ちょwwww二こ神さんの笑顔wwwww


大杉漣さん最高すぐる。

これはもうぜひ、海豚8段との対戦シーンで再登場してもらいたいところですなあ。


ドラマハチワンダイバー第2話「今夜、巨乳メイドの秘密が… イケメン対マムシ、逆転バトル開始!」

【イケメン菅田】

うーん。やっぱり溝端菅田はイケメン過ぐる。

グラサンかけても普通に似合ってる

「女の子の手を握った事さえない」ってセリフが


うそくせー。なーんかうそくせー。


あと、全体的に言えることなんですが、ドラマのイケメン菅田はずいぶん悲壮感出まくっているのが印象的。

今回のラストじゃ、警察に踏み込まれて、タイーホまでされちまってるしなあ。やったぜ犯罪者。


また、テレビ的なものもあるんでしょうが

「お金を賭けて将棋をやるって事はいけない事なんだYO!」

というのがやたらと強調されてました。

アピールしないと、どっかから文句いわれそうだし…という、製作者の後ろ向きな姿勢が感じられます。


菅田がわざと負けてプライドがズタズタになった後も、

原作じゃそれでも開き直って「真剣師」の道を目指してるのに

ドラマではいつまでたっても、後ろめたさが感じられるのも、その影響かもしれません。

そっか、だからドラマ版のオチは


「アンダーグラウンドの世界から次第に這い上がり、本物の棋士を目指す」


にゃのか(′・ω・`)



【脇役の皆さん】

サンドウィッチマンの2人の演技力とポジションはなかなかのモノ。

相変わらず安田と木下の役どころがいまいち意味不明。

いや、安田のほうはまだ伏線らしきモンが張ってあるからまだ余地があるが

木下のほうはマジで(゚?゚)イラネ。つーか、なんか普通に浮いてる。

今週ラストに出てきた、個人的ハチワンNO.1 大好きキャラの二こ神さんは、大杉漣がやるようです。

なんかもう雰囲気が仙人過ぎて、神々しいぜ・・・。

この引きで来週、ホントにおっぱい将棋をやるんだろうか。すげー気になります(w


しかし今週、一番突っ込まないといけないのは…。





ちょwwマムシ、イケメン過ぐるwwww


こんなんマムシじゃねぇぇぇぇ。 一応なんかキモいキャラになってて特徴は出てたけど 原作と明らかにキャラが違うぜorz

あんなんじゃジェロニモにもなれないYO!


コリャどう見ても、今原作で繰り広げられている、ガチで殴りあうガチンコバトル的展開を

このドラマ版のイケメン菅田とイケメンマムシがやってくれるとは思えないなあ。

うん、それだけは120%言える(w



【演出とか】

まあ今週もテニスの王子様でした。

相変わらずダイブモードのイケメン菅田は、手からかめはめ波みたいなの出してたし。

コリャもう来週あたり分身とかするかも分からんね。(w


でも将棋バトルシーンは、普通に演出で誤魔化しているだけだなーって感じに見えてきた。

将棋知らない人が見てて敬遠するかもしれないけど、もうちょい盤面を見せて、それっぽく解説して欲しいってのもありますが、

原作の名セリフまで削っちゃうのは、いただけない。


先週だと「こっちは20年だ、バカヤロオっ!!!!」とか

マムシ戦だと「そして終盤、相手の小さなキズに…」のあたりですねー。


こういうのが無いのと、悲壮感漂いまくりなのが合間って、薄氷を踏むかのような「ギリギリの勝利」に見えちゃうわけです。

ぶっちゃけ、ドラマのイケメン菅田は「ダイブモードがないとただの一般人」に思われちゃうわけで。


あと、受け師さんと遊園地デートの場面はまだしも

受け師さんとの「目隠し将棋」シーンがカットされちゃってたのは、何故なんだぜ?

あそこはかなりの名シーンだと思うのになー。



おまけ

「ハチワンダイバーのメイドさんを描いてみた(静止画)」


D


うん。なんだか普通に上手い(′・ω・`) ドラマ版(仲里依紗)準拠ですな。

原作だともっと胸が凄い事になってるし(w

110

■若い男から110番、出てみれば「ゴキブリが気持ち悪い」

「ゴキブリが家の中に出てきて、気持ちが悪い」

 昨年夏、大阪府内の警察署に、若い男性から電話がかかってきた。対応した署員は「自分で駆除できるはず」と考え、この依頼を1度は断った。

 しばらくして再び同じ男性から「本当に困っている。来てくれ」。最寄りの交番にいた50歳代の男性警部補が男性宅を訪ねると、おびえた目つきでゴキブリを見つめる若いカップルが待っていた。警部補はゴキブリを駆除し、死骸(しがい)をビニール袋に入れて持ち帰った。


うん。確かにゴキブリは苦手だ。きっとこのカップルは人に助けを求めるほど嫌だったのでしょう(′・ω・`)


しかしまあ、ホントにこんなアレな110番とかが多いみたいですね。

新聞に載ってたやつを列挙すると


「雨が降ってきたので家に送って欲しい」

「○○さんの自宅の電話番号を教えて」

「公衆トイレにいるが、紙が切れて困っている。持ってきて」

「足が痛くて動けない、湿布買ってきて」

「旅行に行くから、庭の犬にエサやっといて」

「(芸能人の)コンサートの予定を教えて欲しい」

「携帯電話の料金が高いからなんとかしてくれ」

「仕事で朝早いんで、自分家の前だけ除雪してくれ」

「磯にクーラーボックス忘れちったから取って来て」

「近所の犬の鳴き声がうるさくて寝れねーよウワァァン・゚・(ノД‘)・゚・ 」


( ゚д゚)ポカーン

警察官も大変やねえ。

ドラマハチワンダイバー第1話「負け組が大逆転ダイブ覚醒」

べ、別に楽しみにしてたわけじゃないんだからねっ!!

どれだけ原作レイプ振りが酷いのか、それを笑い物にするために見てあげたんだからっ!!


↑・・・とまあ、ツンデレはこれくらいにして、早速見てきました。


●ちょwwwwナレーションがシャアwwww

池田さん、なにやってんすかwwww

見事なまでのシャアボイスでした。

これはアニメ「アカギ」のナレーションがアムロ役の古谷徹さんだったから

それに対抗してって意味・・・なのかな、かな?

どっちにせよ、しょっぱなから度肝を抜かれました。


●見事なまでにイケメンな菅田

溝端淳平の演じる菅田はやぱりイケメンでした。

でもその割には苦悶の表情とか、必死な表情とかは、結構原作の菅田っぽく、頑張っていたような気がします。

(もうちょっと泥臭くやって欲しかったですが)

でもやっぱり中身はイケメンですから、決めシーンでどうしてもカッコよくなってしまうのはしょうがないかなあ。

なんか今思うと、苦悩してるシーンは、追い詰められた夜神月っぽかったかも(w

ダイブシーンではなぜか全裸で水に潜ってましたが、これはどう見てもファンサービスなんだろうなあ(;´Д`)ハァハァ。


●メガネのポッチャリキューティーさん

仲里依紗演じる受け師さん。まあ思ったよりはひどく無かった。

メイド時と通常時の使い分けも出来ていたし、イメージ的にも総合的にも、第1話を見た限りじゃ及第点だったかと思います。

欲を言えばムチムチっぷりが足りないのが悲しいですが(w


●ドラマオリジナルキャラは・・・

菅田と受け師さんはそれほど悪くは無かったのですが、ドラマオリジナルキャラがちょっと浮いてるなあ…。といった印象。

特に女性キャラ2名(関西弁のヤツと将棋道場の娘)は、明らかに(゚?゚)イラネって感じだった。

サンドウィッチマンの飛車アニキの方はまあ及第点。

個人的には、サンドウィッチマンの角(金髪)が


「でたぁっ!アニキ得意の十字飛車!」


と、梅澤ワールドの下っ端DQN丸出しなセリフを言ってるシーンで、盛大に吹いた(w


http://members2.jcom.home.ne.jp/tenkaji/live/002.htm:title=「出た!鶴田さんの『殺人警棒』!!

ドス持ったチンピラ五人……こいつで半殺しにしたのは有名な話だぜ!」 ]

なんというか、これを思いだしたんだ(′・ω・`)


●原作再現度(前半)

思ってたよりは忠実でした。前半部分は。

個人的にはオリジナルで、菅田が奨励会に入るもプロにはなれず挫折。師匠から駒をもらうシーンが追加されてたのは高ポインツでした。

原作ではこの編があんまり語られて無かったので、このフォローは嬉しい。

ただし、師匠のツラが原作と全く違うツラなのが残念。

この点に置いてのみ、こっちの方が勝ってるなあ。

なんてったって、本人だしな(w




●原作再現度(後半)

後半はちょっと酷かったな・・・。

飛車アニキとのバトルが1分勝負じゃなかったのは

ドラマの尺の関係上仕方なかったと思うから、これは理解できる。

効果音がやかましいのは、将棋の駒を「バチィ」と指す音を誤魔化しているのが目的だろうから、これもある程度は理解できる。


後半、「十字飛車」が出てきたあたりからおかしくなりはじめた。


まあ、確かに原作の漫画でも、演出で澄野がドでかいハンマー持ってたりとかはしてましたよ。

結局は演出で誤魔化してるって意味なんだけど


菅田、突然全裸で水の中へ

(どうやら「ダイブ」を表現したかったらしい)

駒を持つ手がなんか燃えてる

なんか全体的に震えてる背景

なんかオーラが出たり、衝撃波飛んだり・・・

決着。負けてなぜかふっ飛んでる飛車アニキ


文章だけだと分かりにくいんですけど、

この編の演出がですね…。


えーと。これなんて「テニスの王子様」?


ここまであからさまだと別の意味で笑えた。

もういっそのこと



「将棋を指してギャラクシアン手塚ゾーン」


くらいやってください。

そしたらこのドラマは完璧にネ申ドラマになる。

・・・ヨクサル先生は怒りそうだけど(w


●なにげにメイドお掃除サービスのチラシの絵が原作絵wwwww

「こっちは20年だバカヤロウ!!」とかの無骨なセリフはカットしないで欲しかったなー。

盤面をちっとも見せてくれないのは、ちょっと見てて不満。

●第1話のラストで「ハチワンダイバー」と名乗ったりしてるので、

なるほど、飛車アニキがマムシポジションなのかと思ってたら…。

次回予告には、なぜか「マムシ」の名前が。


ええーっ、別人なのか、マムシ?

でも第1話でマムシに出てきたシーンとか結構流用して使ってたし・・・どうするんだ、次回?


・・・まあ、とりあえず来週も見る事にしますね。

プロフィール

KAJIME

Author:KAJIME
HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogその2。

メインblog「天カジblog」もどうぞよろしくです。

FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。