FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ ハチワンダイバー 第8話「ついに鬼将会へ!イケメン芸術家兄弟の過激な世界にようこそ」

今週からオリジナル展開です。

「安田さらったから返して欲しけりゃついて来いYO!」と、木下に連れられ、イケメン菅田・妹・受け師さんがやって来たのは、かつてマムシ(ドラマではイケメンでした)と戦った空中賭場。

これはもしやまたしてもイケメンマムシ再登場!?と、一瞬期待したものの、残念ながらそうではなくて、待ち受けていたのは春日兄弟という2人のイケメン芸術家(兄が陶芸家で弟が生け花の凄い人)でした。もちろんこいつらもドラマオリジナル。


すると突然妹が鬼将会の皆さんに毒薬(飲むと2時間後に死ぬらしい)を飲まされます。そんでもって春日兄弟も同じ毒薬を自ら飲んで「解毒剤欲しけりゃ俺達と勝負しろ(゚Д゚)ゴルァ!」と迫られるイケメン菅田と受け師さん…。


って、アレ?コレじゃ初めから妹さらって、毒飲ませた方がやっぱり良くね?むしろその方が自然だし。安田明らかにいらない子で(´・ω・) カワイソス。



イケメン菅田は妹が毒殺されそうになったので、完全に冷静さを失っているので、まずは受け師さんが春日兄弟の弟(生け花の方)と20分切れ負けで対局。


弟は「この花の花言葉はなんちゃら…」などとほざきながら、なんか将棋を指してますが、そのスタイルはあくまでも超攻撃的。

…というか、基本的には原作の「受け師さんVSスミノさん」戦の焼き直しです。

台詞回しは上手い事アレンジしてるけど、うーん。これはあんまりヨクサル先生っぽい展開じゃないなあ、と思った。


あと、やっぱり受け師さんもテニヌ使いでした。最後は花が勝手に枯れてたし(w


戦いに負けた弟は、鬼将会の皆さんに連行されてフェードアウト。どうやら勝負に負けたので処刑…ということらしいですが、勝負自体は20分切れ負け(どんなに長くても40分以内に決着がつく)だし、毒薬の効果が2時間ってことは…。

アレ?弟も毒薬飲んだ意味無くね?なんだか(´・ω・) カワイソス。



その後はイケメン菅田が春日兄弟の兄(陶芸家の方)と対局。タダでさえ妹が死ぬからって冷静じゃいられないのに、兄貴は「負けたら妹死ぬよ~ん ♪」などとプレッシャーをかけてきて、完全にのまれまくり。イケメン菅田は絶望してわーきゃー叫んでますが、叫んでないで早く打てよ!と思った。

でも兄貴のキャラはとってもかっこいいので好きです。


それでも最後はイケメン菅田がダイブして、兄貴を撃沈。将棋を指したらオーラや風圧で壷が割れる、という怪現象まで発生し、いよいよもってテニヌらしくなってきました(w

そういや兄貴もちょっと「ギャラクシアン手塚ゾーン」っぽい演出がなされてたし。


その後、解毒剤を飲んで妹は回復。兄貴は「鬼将会の目的は奨励会に入りたくても入れない奴らがプロ棋士を倒すことだ!」などと、言いたい事を言って退場。



でもって、木下が次に3人を連れて来たのは、どっかの海岸にあるボロッちい建物。

(外見と中がボロくて、入口だけハイテクなのは、多分原作を意識してると思われます)

中には誰もいませんでしたが、ここでいきなり妹が「実は漏れ、鬼将会だよ~ん」と言い出したから、さあ大変。

つまり、待ち受けていた相手とは、実は妹だったんだ!!というオチです!!


        /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::         
       /  〃 i     .::|   /:.:.|  |::l::|:.:.:.:.:.:.:.:|::::::
      ,゙  /|   |   .:::|. \|:.:.:.:|   |::l::|/:.:.:.:.:.:j/::   
      ! ,' !  ::|    ::::|!. ,ィ|≧ゝl、_.;|::ィ|/_:._/ィllヘ            
      l ,' │ ::|:..  ::::|く/ {ひlll|::|ヾ|:.N:.::´〃ひlllリ::  嘘だッ!!!
      ヾ  '、  |\  ::::|:.\\こソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、、\こソ        
           '、 :|  \ :::\:.:._,、__彡 _' -─ 、`゙ー=        
           ヾ、/.::>:、:;ヽ、__  /ーァ''"´ ̄ ヽ         
           / .::::::::::::::::ヘ ̄   {|::/       }    
            /...::::::::::::::::::::::::::\  V      j}

と、「ひぐらしのなく頃に」の竜宮レナばりに、イケメン菅田が叫んだところで、次回へつづく。


うーん。「妹が実はやっぱ鬼将会でした」というオチ自体は悪くないと思うのですが

それだと何で木下とか春日兄弟が妹の事を知らないっぽい素振りを見せてたのかわからないし、なんか脚本にボロがあるように見えなくもない…。


毒薬は妹の分だけは毒が入ってなかったのかなあ。それとも春日兄弟の分にも…なんだかどっちにも取れそうで、なにがなにやら。

毒薬とか解毒剤とか出てくる時点で、なんか演出が幼稚に見えるような気もする。


イケメン菅田も、オリジナル展開に入りだしてから、タダの“熱血キャラ”に豹変しちゃってる感じがあるし…。

やはりこの編がオリジナル展開の限界なのかなぁ。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

少林寺拳法の奥義 = 15万円

進む「少林寺ビジネス」、今度はネットショップ出店、奥義は15万円―河南省


>2008年6月23日、中国河南省登封市で1500年以上の歴史を誇る「嵩山少林寺」が、ネットショップを出店したことで話題を呼んでいる。最も高価な商品は少林寺に伝わる奥義が書かれた「少林武功医宗秘笈」で1セット9999元(約15万円)もするという。


他にも修行僧が身につける法衣とか、修行僧をモチーフにしたTシャツとかも売ってるみたいですが、やっぱりコレは凄いインパクトです。

なんたって奥義ですよ、奥義!!

15万円というお値段は一見高そうに思えますが、コレであの少林寺拳法の奥義が身につくのならば…と考えると、案外安いのかもしれません。


とはいえ、奥義が書かれたモノを読んで、みんな奥義をマスター出来ちゃったら苦労しないだろうから、実際のところは


「やり方は教えてやるけど、おまいらが会得できるかどうかは(゚?゚)シラネ」


という事なのでしょう。

つまり、おいそれとは会得出来ないと考えた方がよさそうです。


もっとも「北斗の拳」の拳王様(ラオウ)のように

「これが崇山通臂拳の極意か」

(ぺラっと奥義の書かれた巻き物をチラ見)

「この拳法の伝承者は今よりこのおれだ!!」


このように、読んだだけでマジで会得できるほどの「漢」なら話は別でしょうが(w

ドラマ ハチワンダイバー 第7話「超美形斬野と再戦&菅田の妹が初登場!今夜家族の秘密公開」

今週はイケメン菅田がキリノにリベンジするシーンから。

う~ん、今週も全体的に巻きが入っている感じで、かなりはしょってます。

その影響からか、イケメン菅田に全然余裕が感じられなくて(「盤の前に座ってしまえば背景は消える…」云々のセリフも無し)

これじゃ二こ神さんのところで修行した意味無いじゃん!!って見えてしまいます。


まあそれでもなんだかんだあって、最後はイケメン菅田が勝ちます。

しかし、イケメンに鼻血というオプションはよく似合うなあ(′・ω・`)



でもって、イケメン菅田は受け師さんの「ステキでしたご主人様(はぁと)」の萌えパワーに悶絶してぶっ倒れてしまいますが、そんな余韻にひたる間も無くサンドウィッチマンが「鬼」と書かれた駒を持って乱入。いよいよ本題「鬼将会」に突入。オリジナルストーリーを見せるようです。


するとキリノは「鬼」と書かれた駒を見るなり「俺は関係ないモンね」などと言い出して…


ちょwwwキリノ逃げたwwww


原作のキリノは、左腕もがれながらも、一応鬼将会と戦う姿勢を見せてたのに、ドラマじゃトンズラってwwwwコレじゃただのヘタレじゃないかYO…。

のっけから、なんという原作レイプ!! なんだかいきなり先行きが不安になってきました。


それにしても、あの巨大受け師さん人形は、やっぱりキリノが一人で運んだ事になってんのか。何でわざわざ将棋道場に持ってきたのかイマイチ謎だったなあ。

途中から編集がめんどくさくなったのか、何の予告もなくまたシーツかぶせてありましたが(w


キリノがトンズラ、サンドウィッチマンも退場すると、今度はイケメン菅田の妹と名乗る女子高生が登場。なんだか人の往来が無意味に激しいのはさて置き、この辺をまとめておくと。


●イケメン菅田はプロになれなかったショックで、3年くらい家族と連絡とってませんでした。

●その間、父親がなぜか鬼将会に襲われて負傷。妹はプロの道を諦めますた。

●妹は「なんで連絡よこさないんだ(゚Д゚)ゴルァ!」とイケメン菅田を恨んでます。

●妹は鬼将会を潰すために、敢えて「鬼」と書かれた駒をちらつかせて、鬼将会をおびき寄せる真似を転々と…。


…と言うわけで、この妹はイケメン菅田にツンツンしてるんですが、最後は妹が対戦相手に「鬼」と書かれた駒を見せたら、相手逆上して大ピーンチ!なところをイケメン菅田が助けてあげて、受け師さんのアシストもあったりして(とりあえず)仲直り。

しかし、助けてあげたときの妹の反応が


「べっ、別に助けて欲しいなんて頼んでないんだからねッ!!」


などと、ツンデレ丸出しでなんともはや。



そして、イケメン菅田は受け師さんと妹の前で「鬼将会をブッ潰すのを手伝う!」と宣言するんですが、手がかり無くてどうすんべーと思ってる所に、唐突に鬼将会の手先である木下が現れ、「安田をさらったから、返して欲しけりゃちょっとツラかせやー」と言い出したところで、次回へつづく。、



うーん。なんで鬼将会が安田をさらったのかがイマイチ分かりません。

ぶっちゃけ、安田はイケメン菅田にとって、彼女でも、身内でもなく、単に幼なじみで隣の住民ですよーってことだけで、人質の価値なんて全くないんですけど(w

コレならまだ妹をさらった方が現実味があるのに…。


まあでもここで安田がさらわれないと、もうアイツの出てくる意味がまったく無くなっちゃうから、しょうがないのか(w



どうやら来週以降は完全オリジナル展開になるようです。

スミノさんの出番も、クルの出番も、将クエもないのか…


うーん。個人的にはクル役で柴田杏花(ヨクサル先生の娘で子役)

出演してくんないかなー、と密かに期待してたのになあ…(′・ω・`)



ドラマ ハチワンダイバー 第6話「伝説の男・二こ神が再登場… 菅田ついに弟子入り」

キリノに負けたイケメン菅田が、二こ神さんに弟子入りして、ついでに二こ神さんが海豚先生とバトる…というのが、今週の流れ。

やっぱり大杉蓮演ずる二こ神さんは見ててかっこいいし、微笑ましいし、もう最高!!と思いました。



ぶっちゃけ、今週は結構はしょってます。

二こ神さんは巨大魚を釣ったりしませんし(魚パンチもなし)、缶コーヒーを振舞ったりもしません。


しかしなにより原作と決定的に違うのは…海豚先生のキャラ。


原作の海豚先生は、真面目そうな、対局中も二こ神さんを尊敬してるようなキャラだったのに、ドラマでは、真剣師を小バカにしたような、確実にヤな奴になってます。

見た目も全然違う上に、発言や振る舞いも小物臭がして、全然プロの先生っぽく無いないです。

ああそうか、だからドラマの二こ神さんは、海豚先生に缶コーヒーを振舞わなかったのか。なんか納得した(w


でもなんだかんだあって、最後は二こ神さんが勝利します。

もっとも最後は、火花が散るどころか、手から炎出したり

二こ神さんもテニヌプレイヤー化(′・ω・`)


コリャもうマジで最終回は、劇場版テニスの王子様ばりになりかねないな、演出が(w



そして一方では、サンドウィッチマンの2人が謎のヤクザっぽい人にボコられたりしつつ、木下がそいつらと繋がりがある事が判明…というオリジナルシナリオが。

木下は、ボコられた兄貴の方に、赤字で「鬼」とついた駒をぱしーん!と額に指したりしてます。

そういや二こ神さんがホームレス生活に追い込まれた事を説明するシーンでも、結局「鬼将会」の名前はまだ出てきてないんだよなあ。何かもったいぶってのには意味があるのやら。


海豚先生に勝ってとってもカッコよかった二こ神さんに弟子入りするために、

白い受け師さんに別れを告げたイケメン菅田は、そのまま修行へ…。

↑ここでは「おにぎりをください」という名言がちゃんと残してあったと

階段から転げ落ちたイケメン菅田が、ちゃんと鼻血出してたのは高ポインツです。


修行シーンはちょっとはしょってはいるものの、大体原作どおりです。

違うのは「一局100円」「一局衣服1枚」になってるところくらい。

やっぱりここでも「金賭けて将棋指しちゃいけないんだYO!」というPTAに対する配慮がチラホラ。


それにしても焼き魚がとっても美味そうだった。食べたいぜ(;´Д`)ハァハァ

あと、途中でパン一・シャツ一のイケメン菅田は、ファンの女の子的には(;´Д`)ハァハァするかもしれない。



でもって、修行完了したイケメン菅田は、そのままキリノとリベンジマッチ。ちなみに場所は決着場所はキリノの家じゃなくて、いつもの将棋道場です。

そこでいかにもなシーツに包まれている物があって、中には等身大受け師さんフィギュアがー!!

まあ、こんなデカいのをよく将棋道場まで運んだよなあ、というツッコミはともかく


どう見ても中身本物です。本当にありがとうございました。




あと、相変わらず必要性のない安田は…もういいや(′・ω・`)。どうでも。



今週は単行本4巻全部の内容を無理やり50分でまとめた感じなので、かなりはしょってます。2話分くらいジックリ使って欲しかったというのはともかく、海豚先生のキャラが改悪されてるのがいただけない…。


でも、ラストじゃ仲良さそうにしてたのが救いかな♪



おまけ「ニこ神は大変なおっぱいを(ry」


D


もうね、どんだけおっぱい好きなのかと

ラストにひとり文字山先生を持ってくるのは、ある意味反則な気がします。


+1フットボール・マッチ

サッカー南アフリカW杯3次予選、オマーンVS日本戦が行われた同じ日、元サッカー日本代表MF中田英寿氏(31)の呼びかけで開催される『+1フットボール・マッチ』が行われました。



そして、参加した選手・監督のメンバーが、コチラ。


かなりの豪華メンバーです。。

こんな面子が日本で見られるんだから、そりゃチケットだってソールドアウトってモンです(まだ販売時点じゃ誰がプレーすんのか分からなかったけど)。


エムボマ・イルハン・スキラッチといったJリーグでもなじみのある選手もします(まあイルハンは日本じゃアレでしたが)

アウダイールとかゼ・マリアまで入っているのが、なんだかシブいチョイス。

というか、ダービッツがいるのには普通にビックリしたww


一方の「ジャパンスターズ」は同日にナビスコ杯やJ2があって、

さらには日本代表がオマーンとアウェーで試合するとあって

さすがに懐かしのメンバーが中心。


ゾノとHIDEが同じピッチに立つ姿が見れるのは感慨モノですが、

ちゃっかり大黒たんの名前があるのは、なんともはや。

(まあ、サニーサイドアップ繋がりだし、現無職だし)

ここで大黒たんが5点ぐらい取って大活躍して、モウリーニョ監督(来期インテル監督内定済み)が「お前オレん所来いYO!」とか言い出したら最高なんですが(えー)



↑…というのが試合前の感想だったのですが

試合はテレビ中継されてましたので、最後まで見ました。


以下、見た感想。


●まず、GK下川がネ申セーブ連発し過ぎ。

もう、今すぐオマーン行ってこいYO!って感じでした。

(奇しくもその後のオマーン戦の結果が1-1のドローだっただけに、余計にそう思ってしまったかも)


●チャリティーマッチにも関わらず、基本的にみんなガチでプレイしてたんですが(最後にちょこっと出てきた釜本監督のぞく)

特にダービッツのガチっぷりは異常。前半最後なんてなんか怒ってましたしねえ。

でもPK外したりと、散々で(´・ω・) カワイソス。


●大黒たんはあまり動きが良くなかったものの、まあ1点取れたので、アピールは出来た…のか?

なお、「自分に出来ること」という質問で、他の選手がもっともらしい事を語ってる中


「車のアイドリングをしないようにします」


とか、庶民的なメッセージを残した大黒たん萌え。


でもその後北沢さんが「車には乗らずに自転車(チャリ)使います」とか言っちゃってたので、これじゃ大黒たん立場無しorz

しかし、北沢さんの抜け目ない発言はさすが。だてに「School Days」の実況で


「誰も中にいませんでしたからねぇ~

誰か中にいればよかったんですけどねぇ~.」


という名言を残しちゃいません(違)


●後半入ったイルハンは2ゴール。

…その活躍を神戸時代に見せて欲しかったぜorz



●しかし、一番インパクトがあったのは、主催者のHIDEでも、2点取ったイルハンでも、MVPだったダービッツでもなく…。


髪の毛が増量していたスキラッチ


だったのは言うまでもありません。

いったい日本を離れた後、何があったのか(特に頭部)!?

もしかしたらあの増毛は、自然環境の大切さを訴えていた…のかもしれません(えー)

ドラマ ハチワンダイバー 第5話「文字山&なるぞう衝撃の結末…第三の男ついに登場」

今週は「ひとり文字山先生」とのバトル決着から。

ちゃんと文字山先生の「精神世界」シーンまで再現されており、落ちていくひとり文字山先生を励ますなるぞうくん達…という、原作の再現度の高さにビックリしました。

やっぱりなるぞうくんがかぁいいぜ(;´Д`)ハァハァ


でもこのシーンって、完璧にアニメ的表現なんですよね。

それを無理やり実写でやっちまうという、ものすごい荒業

まるでアニメの中に、実写の劇団ひとりが紛れ込んだような、とんでもない違和感があります。

多分このドラマって、相当異質なドラマなんじゃないかって思う…。


イケメン菅田とひとり文字山先生のテンションの高さはある意味原作以上かも。ふたりとも一発クスリを決めたかのような表情です(w

まあ、ヨクサル先生の漫画を実写で再現すると、こうなるのは仕方ないのかもしれないけど。熱く無いヨクサル先生の漫画なんて…ねえ。



結局勝負はイケメン菅田の勝利。ひとり文字山先生は泣きながら、ハチワンくんが主人公の「なるぞうくん」最終回をアシスタントともに描きあげます。

…個人的にはその後のおまけ漫画(コミックス3巻収録)でやってた

文字山先生の苦悩 → 見えなかったなるぞうくんが見える → なるぞうくんII世連載開始!! まで、ドラマでやって欲しかったのですが(w



そして勝負後はイケメン菅田が受け師さん@メイドさんバージョンを呼びます。

震えの止まらないイケメン菅田がおっぱいダイブ!!という、ある意味原作屈指の名シーンもバッチリあります。


このシーン、本当にイケメン菅田が受け師さんのオパーイに顔をうずめているのかいないのか、どっちとも判断が出来ない、絶妙な撮り方をしており この編の見せ方が実に“いろんな意味で”上手いですな。

あと、このシーンでのイケメン菅田の演技も、実に童貞っぽい巧みな演技をしており、実に見事と言えます。事務所的にそれでいいのかと言う気もするけど(w



そして4日後は、秋葉原の将棋道場でキリノ戦。

途中、イケメン菅田と安田は小学校時代の同級生だったYO!!という

実にどうでもいいオリジナルエピソードが挿入されますが、

ぶっちゃけ「そんなのいりません。」

こんなん入れるなら、文字山先生の「なるぞうくんII世連載開始!!」エピソード入れてくれよー、とマジで思った。


そして気になるキリノ役の役者さんは…なんと京本政樹!!

おいおい、いくら何でもオッサン過ぎだろ…と一瞬思いましたが、

見ていくうちに自然とハマリ役に見えてしまうから不思議。

まさに魔性の役者恐るべし!!しかも、カラコンまでしてるし。


途中、“新石田流三間飛車”の回想シーンも登場。

かいつまんでですが、シャアの中の人がナレーションで解説してくれます。

イケメン菅田の師匠(名前は“鈴木”と判明)も出て来て、原作と同じようなセリフを言いますが

なにぶん今までも散々出てきたせいで、このシーンの師匠の言葉だけ、ちょっと今までと違って浮いて聞こえてきます(汗)



さて、このキリノ戦ですが、原作と違うところがかなり目立ってたので列挙。



●キリノ初登場シーン。

(原作) 

既にキリノがスタンバイしてる奥の部屋に菅田達が入る


(ドラマ)

将棋道場はキリノが一日貸し切り 状態。(人混みが嫌いだから、らしい)

文字山先生とバトルした同じ部屋にキリノが後から登場。

なお、部屋には木下が仕掛けたと思われる隠しカメラがわんさかあります。



●菅田が勝った場合、どうなるか。

(原作)

菅田が勝ったら100万円


(ドラマ)

イケメン菅田が勝ったら、何でもひとつ思いどおり

(やっぱり“賭け将棋(・A・)イクナイ!”という配慮からだと思われ)



●菅田ダイブ時の反応

(原作)

“そよ群”出現。邪魔して、展開が読めず(オパーイダイブによる弱体化)。


(ドラマ)

ダイブするも、キリノの白マントとイケメン菅田の師匠が邪魔して、展開が読めず。


なんと、「そよ群」登場せず!!

ドラマでは、「オパーイダイブのせい」というよりも「負けたら受け師さんがキリノに取られる」というプレッシャーに押し潰されて、自滅した…という感じで、全体的に悲壮感が漂いまくり。

二こ神さんの「オッパイを揉んだら将棋が弱くなる」もありません。

↑たぶんコレは今週意図的に伏せた感じがするので、来週判明するんだろなー。



さて、次週は我等が二こ神さん(大杉漣)再登場!!

しかもちゃんと原作どおり、海豚先生とバトってくれるようで、これは期待!!

…海豚先生が何でロン毛なのか、イマイチ意味不明でしたけど(w



そのほか気になったところ。

●完全に解説役になったサンドウィッチマン。

キリノ戦時の解説への入り方が、あまりにも強引過ぎてワラタ。


●スタッフロールでケーキ一気食いの手品やってた受け師さん萌え♪

つーか、こんなところまで原作忠実にさせんでもwwww


●ラストにモニターに映ってた、謎の人影は誰だYO~!!

まあ、たぶん鬼将会関係の誰かさんだと思うけど。


●今週のラスト、スマイルがステキな京本キリノキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

しかしひとり文字山先生だけ、ラストを飾れず(´・ω・) カワイソス。



プロフィール

KAJIME

Author:KAJIME
HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogその2。

メインblog「天カジblog」もどうぞよろしくです。

FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。