FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(20081129)たかまれ! タカマル16巻

表紙の茉莉たんの破壊力が…。またまた本屋さんで買いにくい表紙です。


単行本で読み返して見ると、モモちゃんと鬼島の奇妙な師弟関係成立シーンは、(;∀;)イイハナシダナ-と読めてしまいました。

まあ、青山先生は相変わらずド畜生ですが。次の巻はもっとドロドロしてて、不快気味なだけに、どうなる事やら。


ちなみに恒例のサブキャラ紹介のラフ画で、青山先生のところにも(クズ)と書かれている所が、なんともはや。



スポンサーサイト
[PR]

(20081127)カウンタック 14巻

フェラ男のラッキーマンもビックリの強運ぶりと、早乙女ちゃんのコンタクトを探すシーンのエロさを思う存分堪能できる14巻。

特に後者はなかなか。梅さんはフィチ系お色気漫画を描かせても、もしかしたらイケるのでは?と思った。


ちなみに今回、カウンタックは表紙を含めて、3コマくらいしか映ってません(′・ω・`)まさにフェラ男のターン!!


(20081125)[漫画][レビュー]ハチワンダイバー 9巻

第9巻です。

菅田にとってはエサにされたり家燃やされたり、パンツ一丁にされたりと何だか散々ですが、大好きな人に好きと言って貰えたから差し引きゼロなのかもしれません。

でも鬼将会の動画を観てブチ切れるシーンはとてもかっこいいです。


なお、連載時と比べると、二こ神さんとマムシが出会うシーン(40~46ページ)で、かなりの加筆修正が行われています。

個人的には2人とも大好きなキャラだけに、この加筆は大歓迎。とくに二こ神さんは、加筆によってさらにカッコよさが際立っています。


ついでに言うと、恒例のオマケ漫画でも、二こ神さんとマムシ、そして四平さんが。

本編の菅田同様、エサ扱いされてるマムシ(´・ω・) カワイソス。


でも、わざわざこのシーンを加筆したりしてるって事は…やっぱりマムシはパワーアップして帰ってくるのでしょうか?これは超期待!!


それにしても…表紙はもうちょっと何とかならなかったのかなあ(′・ω・`)


(20081124)961プロ協賛・星井美希誕生日特別

中央競馬・京都競馬場にて、G?「マイルチャンピオンシップ」が華やかに行われていた同じ日に

高知競馬場では…。


「961プロ協賛・星井美希誕生日特別」


D


1万円払えば、好きなレース名を付けられるってやつです。


いろいろツッコミどころははあるでしょうが、一番のポイントは

レース前、協賛メッセージ(ある意味羞恥プレイ)を読み上げた後のアナウンサーが、坦々と…。


「ゲームのアイドルマスターのキャラクターという

星井美希さんの誕生日を協賛するレース…」


ちょwwwwご存知wwwwww



(20081119)やっぱり革命軍は地上最強

「ナポレオン 獅子の時代」「青狼記」の長谷川哲也先生が

ゲーム「シヴィライゼーション」の広告漫画を描いてました。


「シヴィライゼーション」というのは、わっかりやすく説明すると

「文明を築き上げるところから始まる戦略シミュレーションゲーム」…といったところでしょうか。

はるかに進んだ自国の文明で、他国の非力な文明を蹂躙して、海馬社長みたいに


「これがオレのオベリスクだ、ワハハハハ!」

「俺Tueeee!!」


とかするのが楽しい?ゲームみたいです。やったことないから、よくわかんないけど(w


でまあ、ちょうどナポレオンの漫画描いてるみたいだし、こいつでいんじゃね?…という理由かは知りませんが、長谷川先生に白羽の矢が立った模様です。


で…問題の漫画ですが。





「我が革命軍は地上最強ォ――――!!」


やっぱりそうなるのか!!

まあ、長谷川先生に任せたらそうなりますよね。やっぱし。


原始服スタイル(でも帽子だけはいつものやつ)なナポレオンが、大変ステキ過ぎます。

なにげにマッセナとかオージュローとかもいるのがポイント高いですね。マッセナはちゃんと石鹸カッター持ってるし(w


…ってかオチがひでえwwww


もっとも長谷川先生の描く大陸軍(革命軍でも可)なら、技術力などなくても、というか戦車相手でも、

普通に根性で勝ってしまいそうだから恐ろしいんですけどね(w


彼岸…じゃなかった、自殺島

久しぶりに「ヤングアニマル」で楽しめそうな連載が始まりました。

「ホーリーランド」の作者、森恒二先生の待望の新作「自殺島」(じさつとう)


ストーリーとしては、主人公を含めた多くの自殺志願者(生きる義務を放棄した者)が

一ヶ所の隔離された島…「自殺島」に集められます。

彼らは日本における全てのの権利を奪われ、島流しされたわけです。さらに…。


「島内では法も秩序もないから何をしても自由だけど、島の外に出たらぶっ殺すメーン」


と、日本政府から宣告されてしまう…というモノ。

でもって、一部の人達が「俺達はこんなところで死ねるか!!」と、生き抜く事を決意する・・・。

で、まずは喉が渇いたからみんなで水を求めに河口へ向かう…。

…というところまでが第1・2話までの展開。


しかし、タイトルのネーミングセンスといい、「隔離された島」が舞台な点といい…。

ある漫画を連想せずにはいられません。


そう。「彼岸島」!!


現に2chの「自殺島」スレでは、どこからか迷い込んできた、マルティスト(彼岸島をネタ漫画として楽しむ人々)が集まって、妙な賑わいを見せています。


>あれ?丸太は?吸血鬼は?兄貴は?ハァハァは?


>自殺島の今後の登場人物

・忍者の格好をしたレジスタンス

・傘をかぶった吸血鬼

・魚に手足が生えてる化け物

・仮面をかぶった大入道

>ヤギは、いつ出るの?


>彼岸島と違う所は既に島の全景が出ている所だなw

でも島内描写でいつのまにか巨大化ですね、わかります


>いや俺は自殺島は久しぶりに楽しめる漫画になると思っているが

スレを盛り上げるという意味でマルタスレとは相性がいいと思うぞ

  「あったよ!河口が!」

一同「すげェ!!」

  「こんな事もあろうかとさっきの店から浄水器を持ってきたんだ!」

  「すげェ!!」


>次回バレ。

河口発見→ハァハァ水だ!

水のむ→すぐ上に死んだ吸血鬼→血を飲んで感染→蜘蛛邪鬼化

→タス…ケテ…


>やっぱあの島から1km沖に行くとバタフライで泳ぐ秋刀魚に襲われるんだろうな。


>こんなこともあろうかと味噌だけは持ってきてる奴がいる


もうだめだwwwこの漫画がネタ漫画に「彼岸島 外伝」に見えて仕方が無いぜwwww

みんなが水を求めて歩いているシーンでも、勝手に「ハーハー」「ハァハァ」という擬音が脳裏にこびりついてしまいます(′・ω・`)


そういえば「彼岸島」ではレジスタンスのモブ忍者が、殺されたそばから次から次へと沸いて出てきますが、そうか、自殺志願者たちの集まりだったんですね!!

「自殺島」とリンクさせる事で「彼岸島」の疑問もひとつ解決だェ!!


マコちゃんのリップクリーム 2巻

第2巻です。

なみえコミックスとしては「少年エスパーねじめ」とならぶ単行本自己最長記録であります。

まだまだシリウスでの連載も続いているようなので、そのうち3巻発売=なみえ新記録樹立の予感!!コイツはめでてぇや!!


「おしゃれ7」の謎シリーズを独占しようとする造反組(というか過半数が造反組)の存在が出てきたり(たぶんIの正体はアイツっぽい)と、ストーリー展開も地味に進んでますが、中身はいつものなみえ節全開なので、安心というかなんともはや。


個人的には


「ほんとなのね、ウソついてたら一年間主食がミートホープの刑よ」

「オールフォー俺、俺フォー俺」「俺のみに性善説適用」「ウィアーザ俺」「俺=一番風呂」

(ザイアーがお誕生日会に誰も来ないマコによからぬ事を刷り込んでるシーンのセリフ)


あたりがツボに入りました。

あと、一応少年誌のはずなのに、どエロネタが無駄に多かった気がします。


あと、おまけ漫画「押忍!相撲部」のラストの歌詞もかなりツボでした。

なみえソングの歌詞のクオリティの高さには、毎度ながらあきれるほど凄ェ!!です。



トリコ1・2巻(web拍手レスあり)

…うん。面白い。

思い返してみれば、「たけし」連載時から、読み切りでこの話を描いてましたし、しまぶーはこの作品に対して相当構想を練っていたと思います。

一昔前のジャンプ的なものを彷彿とさせる熱さもさることながら

技の名前をシンプルにしたり、出てくる食材を非現実ながらも夢のあるモノばかりにしたり、トリコがお菓子の家に住んでいたりと、少年向けに想像力をかき立てる配慮が随所に見られます。


ここで言う「非現実ながらも夢のあるモノ」とは、捕獲レベルの付いた動物というよりは

冒頭に出てくる、タラバガニの成る木とかワインの滝、お米の砂とか、トリコの住むお菓子の家などを表します。

子供の頃「お菓子の家住んでみてぇ~」とか思った人は多いはず。

そういった少年少女の心をギュッと掴むのに成功してるわけです。


そして、トリコが初期の段階から[既に名もありじゅうぶん強い]という高スペックにする事により

「そこにシビれる憧れるぅ!!」といった心惹かれるものがあります。

横に小松を置く事で、読者はトリコの強さを小松視点から感じ、同じ気持ちを共有できるわけです。

例えるなら「北斗の拳」でケンシロウに憧れるバット、みたいなモンでしょうか。

・・・まあ、小松もいい年した大人(コック長)なんですけど(w


ひと昔前なら当たり前だった「初期から高スペックな主人公」も。

最近のジャンプじゃ珍しいですから、逆に新鮮なのかも。


やっぱりしまぶーは少年向け漫画が良く似合うなぁ、と改めて思いました。



1巻は比較的早いテンポで物語が進んで行くのですが、うって変わって、2巻ではゆっくりとしたペースで「フグ鯨編」を描いています。

たたみかける様なイベントの連続、伏線の張り方、小松にも見せ場があったりと、うまさが見られます。


…個人的にはゾンゲ様の準レギュラー化キボン。

あと、1巻読み返してみたら、トムも使い捨てにするにゃ惜しいキャラだと思いましたんで

次あたりで再登場して欲しいなあ。と思いました(′・ω・`)





web拍手レス。


>いつも見てます!おもしろい!!


ありがとうございますー。

せっかくなのでweb拍手のボタンも新しくしてみました^^

ガウガウわー太2 4巻

淳子たん(委員長)好きな方には、ある意味クライマックスな第4巻。

それにしても表紙はちょっと狙いすぎな感じがしないでもありません。

まあ、嬉しいと言えば嬉しいのですが、なんか違うかなぁ。と言いますか。


裏表紙の太助ママンの浴衣姿の方が健康的で良かったかも・・・。


内容はついこないだまで連載されてた分までの収録。

後半はちょっと迷走してるかな・・・。

とりあえず、太助お前受験勉強はいいのかと心配したくなリます。


あと、おまけ漫画が3つくらい入ってます。

こちらは軽い気持ちで読めるので、心が和むかも。


「悪魔の燻製講座」

地獄の料理人であるDark=kochangことベーコン小暮さん(悪魔)が

メス豚の燻製(ベーコン)の作り方を教えてくれる動画です。


D


豚肉に鉄串を刺す所は


「このメス豚めがぁ―――っ!!」


などと、大変猟奇的ですが、それ以外は


「ま、水で清めるって行っても、ただ洗うだけなんだがな」

「気持ちは分かるが、ちょっと落ち着け」

「揉んでいる時に、このローレルの葉で手を切らないように気を付けるんだ」


などと、基本時にはわかりやすく解説してくれます。

とっても優しい悪魔です。

なんというドS(親切)!!

というか、ほっこりした笑顔がステキ過ぎるぜ(w


おそらく、日常的なクラウザーさんは、きっとこんな感じだろうなあというのが想像できます。

と思いきや、ベーコンが完成した最後の最後で…。


「それでは、いまからベーコンエッグを作る

貴様等はこの美味さを想像しながら

指をくわえて見ているが良い」


な、なんだってー!!


そしてフライパンで焼けるベーコンの香ばしい映像と音…。

目玉焼きの美味しそうな音…。

出来上がったベーコンに目玉焼きの黄身を付けて、カメラの前で見せびらかす…。


ちくしょう、この悪魔め!!なんという焦らしプレイ!!

美味しそうなのに、指をくわえて見ている事しか出来ないなんて…。

くやしい…!こんな悪魔に… でも…ヨダレ出ちゃう!(ビクッビクッ)


「フハハハハ、どうだ、想像したか?

まあ食いたかったら自分で作るんだな、フハハハハ!!」


ま さ に 外 道 ! !

悪魔だ…コイツは本物の悪魔だ(爆)



…なお、後日Dark=kochangことベーコン小暮閣下が、地元のFMラジオに降臨されました。

動画の色々な裏話を聴かせてくれました。


D


閣下のカミっぷりと、司会者の悪魔振りに大爆笑しました。


プロフィール

KAJIME

Author:KAJIME
HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogその2。

メインblog「天カジblog」もどうぞよろしくです。

FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。