FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(20101022)華と修羅 1巻

類まれなるコピーの神様、「夜王」の井上紀良先生が

次代を担うストーリーテラー谷本和弘先生とタッグを組んで紡がれる、大正ゴシック・サーガ。

人間関係のドロドロした昼ドラみたいなノリの作品です。


井上先生の前作「夜王」をギャグ漫画として楽しめた諸兄は、間違いなく楽しめるでしょう。井上先生のコピーテクニックと迫力のある描写は健在です。


しかし今回の「華と修羅」は、ストーリーとしても、普通に良い部分も有るので、純粋に漫画としても面白い。つまりネタだけの漫画ではないのです。ひと粒で2度美味しい!って感じですね!


各話の間には、谷本先生執筆による、「華と修羅コラム」という解説ページもあり。


それにしても、コミックスの表紙が豪華に見えて、なんだか凄いです。

人気キャラの新便器(長男)やほっこり兄さん(次男)もこんな感じで表紙を飾るのかと想像すると、今から昴ぶりが鎮まらんのだ!



スポンサーサイト
[PR]

(20101021)ノノノノ 12巻

表紙の帯に書かれている「変態(アナルショップ)VS変態(キャットレイパー)」という文章が、いろんな意味でインパクト満点です。

ちなみに表紙で飛んでるのが、その変態(アナルショップ)のほうなのですが、こんな帯文章付けられたら、変な漫画だと誤解されちゃうじゃないか。担当さんGJ!


で、中身のほうですが、なんだかいろいろと濃密な回です。

一度は5位に終わり、IHが終わったと思ったら、そこからの大逆転劇。

変態の片方が大活躍したと思ったら、主人公のノノたんも、久しぶりに主人公らしい活躍見せてくれます。


そして最後の話でまたしても大どんでん返し…なんと言う神回。

まったく先が読めない漫画なんだなあと改めて再認識したのですが、それにしてもどうしてこうなった。

あんな引きで12巻が終わっちゃったら、単行本派の人は、いろいろと困惑しちゃうじゃないか。いいぞもっとやれ。


(20101020)へ~ん○しん!! 5 ~そなたバーディ・ラッシュ~

単衣誠一郎から葉山ゴルフクラブを賭け、勝負を挑まれたそなたたん。

・・・って、おや?今回はなんだか非常にシリアス展開ばっかりが続きますですよ?

まあ面白いっちゃあ面白いけれど、いつもの「お色気変態ギャグ」のノリとあまりにも違い過ぎるのです


今までのアレ過ぎる展開から、マトモに戻ったのだから、本来は喜ばなければいけないんでしょうけど、おいおい大丈夫なのかこの漫画?という気になってしまうのは、すでに精神がこの漫画に毒されてしまっているからなのでしょうか。


…まあでも最終回付近では、いつもの展開に戻ってくれますので、安心っちゃあ安心です。

黒光さんは最後の最後まで、愛すべき変態キャラで終わってくれました。

というか、最後の最後でぶっちゃけ過ぎですよ黒光さん!!


そんな中、とりあえず佐野さんだけは幸せになったようなので、よかったよかった。

ある意味この漫画のヒロインって、佐野さんだったのかもしれないなあ。扱いあんまり良くなかったけれど。



(20101019)トリコ 11巻

今回は成長・回復・努力がメインの回。

特に小松が自分が飲んだ味を頼りに、センチュリースープを再現するシーンは、ジャンプ漫画にありがちな、才能や能力を振りかざすといったシロモノではなく(まあ小松自身の料理の才能という意味では、確かに才能っちゃあ才能ですが)、

試行錯誤と気が遠くなるような努力を続けながら、少しづつ完成度を高めていくシーンは、考えさせられるものがありました。


あとは、トリコと与作の掛け合いもなんか和みました。

たまにはこういうのも無いと、なんかしまぶーっぽくないし。



(20101018)もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら

仏教と萌えを結びつけたのが了法寺なら、仏教とパンクロッカーを結びつけたのが、この一冊。


「完全教祖マニュアル」に比べると、書いてある難易度・敷居がちょっと高いかなーと感じましたが、それでもまともに仏教関連の本を読んでいくよりは、はるかに分かり易い内容ではあると思われます。


とりあえず、釈尊はラリっててヤヴァイ人、最澄は萌えっ子、天才気質な空海△、日蓮はマジでヤベエDQNラッパーであることが分かって、なんだか仏教がすごく分かり易く感じられるようになりました。


なお、この本に出てくる主人公の「まなぶ」は「完全パンクマニュアル~はじめてのセックスピストルズ」にもちょこっとだけ登場しますので、パンクロッカーって何だよクソッタレ!と思った方は、そっちも読んでおくとより分かり易いかもしれません。仏教の役には立たないだろうけど。


そういえば、本家?の「もしドラ」が、このたびTVアニメ化するらしいですが、何かの間違いで、この「もしブツ」もアニメ化しちゃったら…と、ちょっぴり期待してしまうのは考え過ぎなのでしょうか。


アニメであらゆる物をディスりまくる日蓮さんが見てみた…あ、いや、何でもないです。



プロフィール

KAJIME

Author:KAJIME
HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogその2。

メインblog「天カジblog」もどうぞよろしくです。

FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。