FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(20130226)君は淫らな僕の女王

原作付きの漫画作品の中には、ある原作者さんと、ある漫画家さんがタッグを組むと、ごくまれに、謎の化学反応?を起こして

とんでもない破壊力を持った作品が生まれちゃったりします。

(コピーギャグ漫画として一部で大反響だった、原作:倉科遼先生、作画:井上紀良の「夜王」とか)


この作品も、まさにそれ。

原作:岡本倫先生、作画:横槍メンゴ先生のタッグによる「自制心崩壊系エロコメ」漫画なのですが

化学反応を起こしちゃったのか、とんでもない破壊力を生み出してしまいました。


…なんというか、下手なエロ漫画よりも数段エロい(;´Д`)



主人公に対して、普段は物凄く冷たい態度を取る幼馴染の昴ですが

ある代償として、1日のうち1時間だけ、自制心を失うようになってしまいます。


でまあ、自制心を失った昴が…これがまた、とんでもなくエロい(;´Д`)

どうしようもなく変態的で、どうしようもなくぶっ飛んでる(゚Д゚;)


倫たんの言語センスとメンゴ先生の画力が化学反応を起こして

とんでもない衝撃です。

圧倒的な「エロの暴力」という感じですね!


例えるならば、大石浩二先生の「メゾン・ド・ペンギン」という作品に「ツンエロ委員長」ってのがありましたけど

アレを青年誌で&もっとツンもエロも極端にしたような感じでしょうか。


でもまあこの作品の場合、ただエロいだけではなく、ちゃんと愛情に裏づけされた部分も備わってます。

昴はただのエロビッチではないのです!

大好きな主人公の前で、ちょっと自制心を失って、激しい愛情表現を見せているだけなのです!(たぶん)

この編の見せ方は、本当にお見事だと思います。



どっちにせよ、電車の中とかでは読まないほうがいいと思います(汗)



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

(20130222)GOKUSAI 1巻

「TOUGH」の猿渡哲也先生が描く、新境地のアート漫画です。

序盤は主人公・ジョー(空波丈)の描く様々な絵を中心に物語が進んでいくのですが

途中からオカルト展開になったり、893が出てきたり

なんだかいつもの猿先生の漫画っぽくなってく気が…さてはて。


単行本背表紙の裏には「私の愛するアーティスト」シリーズなるものがあり

1巻ではミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(主人公ジョーの名前のモデルになった人)が取り上げられてるッスね。

なんかカラヴァッジョの台詞がマネキンモブ丸出しで草生えたんスけど(′・ω・`)



(20130221)Devils×Devil ~猿渡哲也短編集~ (猿渡哲也短編集)

「TOUGH(タフ)」「GOKUSAI 」の猿渡哲也先生による短編・読み切りを集めた作品集。

ラインナップは…。


●「Devils×Devil」

“悪魔を超えた悪魔"“弱き者”宮沢鬼龍が、荒廃したパリの街を舞台に、名画を巡って異形なる怪物NHM(ノーヘアモンキー)たちとの争いを描いた作品。

詳しい感想はこの編にか書いたものがありますので、まあ割愛しますけど


…いやあしかし、丸くなったなあ鬼龍おじさん。

ムキムキマッチョで珍妙なポーズを決めながら「カモがネギしょってやってきたぜぇ、グヘヘヘヘ…」とか言ってたヤツと同一人物とは、とても思えないっス(′・ω・`)


●「灰色のオッドアイ」

虹彩異色症(オッドアイ)の鑑定士・地獄極楽堂の朧天心による、美術品にまつわる物語。もちろん猿先生おなじみの893もあるっスよ!

「グレーでいいじゃねえか」発言や、マネキンモブ顔の弟子の口調が「~ッス」口調だったりと、ディープな猿先生ファンにはたまらないエッセンスもちらほら。

鑑定士、美術品、悪趣味な美術品コレクターなど、後の連載作品「GOKUSAI」でも出てくるものがいくつか見受けられるッスね。この頃から連載を意識していたのかも。


●「異能社員 鈴木一郎」

普通のサラリーマンだった鈴木一郎が、列車脱線事故に巻き込まれて、人の心が読めるようになっちゃった!…という物語。

他の読みきりに比べると、マネキンモブ率が異様に高い気がするっス。

見所は後半に大量に出てくる、中国語の応酬でしょうかね。

言語が中国語になっても「なにっ」「うがあああああ」(PC書き文字)など、どんな事があろうともテンプレに忠実なあたり、やっぱ恐ろしいッスね。猿先生は。

ちなみに「なにっ」は中国語で「什ノム」って言うらしいっスよ。


●「OTON9」

ご存知、鬼龍おじさんの双子の弟・“静かなる虎”宮沢静虎の活躍を描いた大人気シリーズその9.

お茶目な一面を見せながらも、決めるときはビシッと決める。やっぱカッコ良いっスね、おとんは。

今回は「Devils×Devil」でも、鬼龍おじさんがお茶目な一面を見せており、こういうのを続けて読んでくと「ああやっぱりコイツ等双子なんだな、ソックリだなあ」としみじみさせられるっスね。



(20130220)ナポレオン~覇道進撃~ 4巻

ついにボナパルトが皇帝になっちゃいます。

帯にも書いてありますが、いやあ連載始まってここまでくるのが長かった長かった(′・ω・`)

例のフレーズもついに登場しますよ。


懐かしのあの人が出てきたり、アッー!な人達が出てきたり

ビクトルのおうちが家事で消失してまた兵士に逆戻りとか色々ありましたが、

とりあえず最後だけ出てきて無駄にカッコ(・∀・)イイ!! ジュノーさんマジかっけええ。



プロフィール

KAJIME

Author:KAJIME
HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogその2。

メインblog「天カジblog」もどうぞよろしくです。

FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。